【※呆れる】山梨に帰省の感染女性が虚偽報告「飼っている犬が心配だった」更に、親族も虚偽申告…『上京は陽性判明後で濃厚接触者も陽性…』


スポンサードリンク


山梨に帰省の感染女性が虚偽報告「飼っている犬が心配だった」更に、親族も虚偽申告…『上京は陽性判明後で濃厚接触者も陽性…』

東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題についての続報です。

今回紹介するのは、山梨に帰省の感染女性が虚偽報告「飼っている犬が心配だった」更に、親族も虚偽申告…『上京は陽性判明後で濃厚接触者も陽性…』という話題です。

ぜひご覧ください。

山梨に帰省の感染女性が虚偽報告…更に、親族も虚偽申告…

記事によりますと・・・

◆実際の帰宅は、帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だった。実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だった。

『帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。女性が虚偽の説明を保健所にしていた。女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。』毎日新聞

※2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。

『今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。』毎日新聞

◆女性は5月1日に検査を受け、県内在住の20代男性と会っている。その男性も感染

『県は3日、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。県内56例目。女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。』毎日新聞

スポンサードリンク

この女性の行動について皆様はどう思いますか?

この女性は感染の可能性を知りながら、公共の交通機関で帰省して帰省先で人に会いました。

その後PCR検査を受けて、『感染判明後』に公共交通機関を利用しています。

更には、『隠ぺい』し『嘘』をついています。一家揃って・・・。

ネットの反応

スポンサードリンク

・ちゃうちゃう。バーベキューしとるやんけ。笑

・あとから適当に考えました感

・そっかー。犬が心配ならしかたないよね……なーんてなるか

・親御さんとか含めて身内が色々大変だろうなぁ。下手したら住めなくなるレベルで

・犬を言い訳に使わないでいただきたい。

・こういう人達の軽率な行動の積み重なりが、緊急事態宣言延長の原因ってことに気づけよ。今よりも、未来に影響がくるんだよ。気づいてよ。

・犬心配なら帰省すんなよ

いかがでしたか?

私個人の意見は、『頼むから身勝手な行動や、嘘、隠ぺいはやめてくれ』という感じです。

現段階で、身勝手な行動で感染が拡大して医療現場が崩壊したら、本当に助かる命も助からなくなります。

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。