新型コロナウィルスの対策について一色正春氏「ウイルス対策で韓国を見習えと言っている人がいますが…」が話題


スポンサードリンク


新型コロナウィルスの対策について一色正春氏「ウイルス対策で韓国を見習えと言っている人がいますが…」が話題

テレビのワイドショーなどで『韓国を見習え!』『PCR検査は韓国式で!』と言っていますよね。

今回紹介するのは、新型コロナウィルスの対策についての一色正春氏がTwitterに投稿した話題です。

ぜひご覧ください。

一色正春氏「ウイルス対策で韓国を見習えと言っている人がいますが…」

今の日本の仕組みでは無理そうですね。

スポンサードリンク

一色正春氏

一色 正春は、日本の内部告発者、元海上保安官。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。

国立富山商船高等専門学校卒業、放送大学教養学部卒業、学士。妻は韓国籍の韓国人であると報道されている。

生年月日:1967年1月3日 (年齢 53歳)

一色正春 – Wikipedia

ネットの反応

スポンサードリンク

・シンプルに学ぶべきところを学ぶべき。全肯定も全否定も正しくないと思います。

・過程が有っての結果で有り、過程を経ずに結果だけを見習う事は出来ない。

・人権人権と制約だらけの中で、日本はよく押さえ込めていると思う。やれるなら個人のGPSデータを収集して感染限を特定したり、パチンコ屋に集まる連中を拘束してるよ。

・何事も他人の荷物は軽く見え庭は良く見えるもの。

・封じ込め方法は個人の携帯でGPSで管理するやり方しか無いのかもしれません。

・日本が同じことをやるには、憲法から変えなくちゃいけないのでは?

いかがでしたか?

私は、隣国のあの国よりも台湾の対応の方が学べることが沢山ありそうな気がしました。

皆様はどう思われましたでしょうか?

もしよろしければ、ご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。