意外と知られてない画期的な方法


スポンサードリンク


もしもの時の為に!『車に乗ったまま水に沈んでしまったら窓ガラスはこうやって割れ!』意外と知られてない画期的な方法

雨が多くなる季節となりました。

日本では毎年多くの被害を受けており、自然の力を前にして人間は無力な事を見せつけられたような気がします。

川が氾濫してしまうと大量の水が街を襲います。家や車、色んなものが濁流に流されてしまいます。

あなたがもしこのような災害に遭ってしまったら・・・

咄嗟の判断が求められる災害。

あなたは自分の命や家族の命を守る事が出来るでしょうか?

今回はそんな、知っておいて損はない災害時に役立つ情報をご紹介いたします!

もしあなたが車に乗ったまま車が水没してしまったら・・・脱出しようとしても、

ドアが水圧で開けられなくなってしまいます。

こんな時は窓ガラスを割って脱出しないといけないのですが、女性はもちろん男性でもなかなか窓ガラスを割るのは大変です。

そんな時・・・

専用のハンマーがなくても窓ガラスを割る方法が話題になっています!

それではご覧ください。

スポンサードリンク

専用のハンマーがなくても窓ガラスを割る方法

ヘッドレストを使って割る!

これならもしもの時でも用意できますね。

これなら女性の力でも窓ガラスを割ることができるそうです。

緊急事態に命を守ることができる時間はほとんどわずかです。

どうすれば短い時間の中で安全に脱出出来るか知っておくと

いざという時に役立つかもしれませんね。

ぜひヘッドレストの外し方を一度確認しておいてください!

スポンサードリンク

特殊ハンマーを使う場合は隅を叩くといいそう。

真ん中を叩いても割れにくいようです。

他にも災害時に役立つ情報をいくつかご紹介いたします!

1.ズボンで浮き輪を作る方法

2.非常持出袋(リュック)を楽に運ぶ方法

スポンサードリンク

3.ダンボールで椅子を作る方法

4.服で靴を作る方法

5.圧縮袋でコンパクトに!

スポンサードリンク

6.災害発生時の情報収集に!

7.負傷者を楽に搬送する方法

8.タオルで抱っこ紐を作る方法

スポンサードリンク

9.ライトを電灯代わりにする方法

10.地震の備えに

11.非常時の持出し袋をコンパクトに!

スポンサードリンク

12.懐中電灯がランタンに!

ネットの反応

・大事な心得ですね。素手では割れないでしょうから…

・今度免許取る予定ですがすごく参考になりました。これ教習所でも教えて欲しいです。自分の親にも教えておこうと思います!

・車に車のガラスを割るハンマー入れていますが、縁を叩かないといけないんですね。先入観で、窓ガラスの真ん中を叩くと思っていました。

・これは覚えておいた方が良いですねー。まあ、パニックにならないのが一番なのですが・・・

・ハンマーは「買わなきゃな」と思ってましたので、ヘッドレストで割れるのは良い情報です。その前にうちの車で出来るか確認しておかなきゃですね・・・

いかがでしたか?

災害時に知っておいて損はない情報ばかりでしたね!

ぜひ参考にしてみて下さい。

実際こんな状況にならないのが一番ではありますが・・・

もしよろしければ、記事へのご意見ご感想よろしくお願いいたしますm(_ _)m

出典元:twitter

(Twitterの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。