【※不慮の事故で恋人を亡くした花嫁】結婚式当日にウェディングドレスを着て恋人の眠る墓地を訪れ・・・


スポンサードリンク


画像出典:facebook

「不慮の事故で恋人を亡くした花嫁」結婚式当日にウェディングドレスを着て恋人の眠る墓地を訪れ・・・

誰もが愛する人と永遠に結ばれたい、そう思うのは当然のことです。

しかし、予期せず突然の別れが訪れることも・・・

今回は、不慮の事故で亡くなってしまった恋人の眠る墓地を訪れた、ある花嫁のエピソードをご紹介いたします。

彼女には4年間付き合っていた恋人がいました。

2人は2年前に婚約し、9月29日に結婚式を挙げる予定でした。

しかし・・・

昨年の11月に恋人が不慮の事故で亡くなってしまい、結婚式は白紙に。

消防隊員であった恋人は、飲酒運転をした同僚の車にひかれてしまったのです。

恋人の訃報を信じることができなかった花嫁は、しばらくの間、その傷心から抜け出せなかったといいます。

それから時間が経ち、元々行われるはずだった結婚式当日の日にちが近づくと、花嫁は大きな決心をします。

それは花嫁の友人、知人を呼び、結婚式当日にウェディングフォトを撮るというものでした。

恋人と選んだドレスを着た花嫁は、まず最初に恋人が生前使用していた形見と写真を撮りました。

画像出典:facebook

スポンサードリンク

招待された友人、知人はその場で涙を流しながらも彼女を祝福しました。

花嫁は「9月29日は私の人生の中で一生悲しい日になると思った。

でも家族と友達のおかげで、今日は特別で意味のある日になった」と感謝の言葉を綴っています。

画像出典:facebook

スポンサードリンク

そして、ウェディングフォトを撮り終えた花嫁は、恋人の眠る墓地を訪れました。

花嫁は、恋人のお墓の前で泣き崩れました。

「一人でウェディングフォトを撮るのは本当に辛かったけど、これから前を向いて生きていこうと強く思えるきっかけになりました。

彼が私の心の中で生き続けているみたいです。」と花嫁は語っています。

撮影をともにしたカメラマンは、花嫁にあるプレゼントをしました。

それは花嫁がひとりで立つ隣でじっと見つめる、亡き恋人の姿を合成した1枚の写真です。

画像出典:facebook

これには花嫁は感動したようで「実際には一緒にいなくても、恋人がいつも隣にいてくれているようですごく嬉しかった」

とカメラマンに感謝の気持ちを述べています。

いかがでしたか?

突然のとても悲しい出来事でしたが、家族や友達、周りのみんなのおかげで

素敵なウエディングフォトが撮れてよかったですね。

亡くなった新郎はきっと、花嫁のことをずっと近くで見守ってくれていることでしょう。

出典元:extra




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。