池袋の暴走事故で家族を失った被害者の夫が記者会見『この悔しさはどれだけ時間がたっても消えない』


スポンサードリンク


池袋の暴走事故で家族を失った被害者の夫が記者会見『この悔しさはどれだけ時間がたっても消えない』

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4の都道で、板橋区の無職、飯塚幸三(87)の乗用車が約150メートルにわたって暴走し、歩行者らを次々とはね、自転車の母と娘2人がこの世を去りました。

運転者を含む40~90代の男女8人が重軽傷を負った。

この事件によって家族を失った被害者の夫が記者会見を行いました。

スポンサードリンク

『この悔しさはどれだけ時間がたっても消えない』

4月24日に記者会見を行い、「悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間がたっても消えないでしょう」「不安なら車を運転しない選択肢を」と語りました。

ネットの反応

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

いかがでしたか?

被害者の夫の会見を私は観て胸が張り裂けそうな気持ちになりました。

「悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間がたっても消えないでしょう」「不安なら車を運転しない選択肢を」の言葉はおっしゃる通りだと思いました。

皆さんはどう思いましたでしょうか?

出典元:twitteryoutube

(Twitter・youtubeの埋め込み機能を使って掲載しております。)




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない場合コメントができませんのでご注意ください。